ドクターヤンセン エボニーブラック

ドトールでは、たまにホットティーも飲みます。
最近リニューアルして、すっきり目のお味に変化しましたね。

パイロットのカスタム743のフォルカンに、ヤンセンのエボニーブラックをのせてみました。
このインクの製品名は「デ・アトラメンティス(インクの意)」みたいですが、
日本では「ヤンセン」と呼ばれるほうをよく目にしますね。
手作りのインクなのだそうです。

おそらくは黒檀の幹の色を再現しているであろうこの色味は、黒に近い茶色です。
濃い赤褐色といってもよいかもしれません。
この色、落ち着いていてとても好きです。
近い色だと、モンブランのバーガンディレッドでしょうか。あちらよりもさらに紫が強い感じです。
手製のインクなので粘っこいのかと思いきや、フローは良く、細い線も難なく描けました。
これは意外でした。フォルカンと相性が良いのかもしれません。

カップの陶製の質感が、なんとなくうまく描けたような気がします。
影の落とし方もこなれてきた感じですが、どうなんでんしょうか。
スプーンなんかもそうですが、もっとツヤツヤな感じが出せるとよいですね。
なんにしてもいろいろ試してみないとわからないので、次回どうするか、です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です