グラフフォンファーバーカステル ミッドナイトブルー

4月になりましたが相変わらず寒いですね。
まだまだ暖かい飲み物が手放せません。

グラフフォンファーバーカステルのボトルインクより「ミッドナイトブルー」をパイロットのフォルカンに合わせてみました。
「伯爵コレクション」と呼んだりするシリーズのインクですね。
色は緑みの青で、落ち着いた渋い色味です。
粘度は標準的。極細の線は苦手なようですが、例によって文字を書く分には実用十分でしょう。
また、このインクは「ドキュメントプルーフ」と呼ばれる耐水性のインクです。
今回使っている水彩紙のような厚紙でなくでも裏抜けしにくく、かつ書き出したインクが乾きやすいという高性能な染料インクのようです。
しかし、極細の線をしばらく引いているとペン先のインクが乾いてくるという現象に見舞われました。
インクの性能が裏目に出てしまった形になるのでしょうね。
この点についても、通常の筆圧で書く分には全く問題ありません。

耐水性のある染料インクって画期的じゃないですか?
ほかのインクと配合されている成分が違うのでしょうかね。
でもそのおかげか、お値段がネックとなっています……
もうちょっと手の出しやすい価格だとよいのですが……




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です