ダビドフ ブルー

こちらの絵は透明のグラスに入った氷入りの水なのですが、そう見えるでしょうか?
透明部のクリヤーな表現が難しいですね。あとグラスの陰の表現も。
この辺は研究あるのみです。

パイロットの万年筆カスタム743フォルカンに、ダビドフのボトルインク「ブルー」を合わせて描いてみました。
ダビドフと聞くと葉巻タバコを真っ先に思い浮かべますが、万年筆用のインクも発売しています。

色味は若干赤みを含むブルーです。
彩度を抑えた落ち着いた青色で、扱いやすい色だと思います。
インクフローは渋め。フォルカンでは極細の線を描くのに少し苦労しました。
前回使用したインクがフローの潤沢なペリカンの「エーデルシュタイン」だったので
余計に違和感を感じて描きづらかったのかもしれません。
通常文字を書く分には問題ありませんが、フローの関係か線が若干細めになるようです。
インクを多めに引っ張ってきてくれる万年筆との相性が良いのでしょうね。

発売している店舗が少ない&お値段お高めですので手に入りにくいかもしれませんが、
彩度控えめの渋いロイヤルブルーが欲しい方は選択肢になると思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です