S.T.デュポン ロイヤルブルー

愛用しているシステム手帳です。
仕事、プライベートのスケジュール、メモはもちろんちょっとした読書感想文や
テキストのノート代わりなどすべてこの一冊に収めています。
ペンは青インクのカランダッシュ「エクリドール」ボールペンを携帯し、
基本的にすべてそれで書いています。
まだ購入して半年ちょっと程度ですが、手放せない一冊となっています。

S.T.デュポンのボトルインク「ロイヤルブルー」をパイロットの万年筆「フォルカン」に合わせてみました。
色味はズバリ青。「ロイヤルブルー」と称していますが赤みが抑えられたブルーで、
彩度も程よい感じで濃い目の青色が欲しい場合にちょうど良いと思います。
色味の変化もほとんどありません。
粘度は普通で、インクフローも若干渋い程度です。
ペリカンの4001/76シリーズと描き心地が似ている気がします。
ブルー系の基本として扱いやすいインクではないでしょうか。

手帳にも万年筆を使いたいのですが、ボールペンの携帯性や使用する際の即時性はやはり替えがたいものです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です