パイロット 色彩雫 露草

まるで真夏のような暑い日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
体調を崩さないように気を付けたいものです。

パイロットのボトルインク「色彩雫」シリーズより、「露草」をチョイスし、
カスタム743のフォルカンとあわせてみました。
色味は澄んだ青。赤みも緑っぽくもないごく普通のブルーです。
しかし、この「普通の」青が他所では意外と無いんですよね。その意味で貴重なインクです。
実物の露草の色味とよく似ていて、濃淡によるグラデーションがとても美しいです。
濃淡がわかりやすいので描いていて楽しいインクですね。
粘度はこのシリーズ共通のサラサラなインクで、フローも快調。
かすれることなくストレスフリーで安心して描けました。
使用した用紙はファブリアーノクラシコ5ですが、インクを多めに乗せても裏うつりはまったくしませんでした。
にじみも無く、優秀なインクだといえるでしょう。
しかし、カップやソーサーの表面などにあるような極細の線を描き続けていると、
ペン先が乾いてきたので一度インクをふき取りました。
これについては、フォルカンという特殊なペン先で非常に軽いタッチで描いていると、
インクフローがほとんどなくなるために起こる現象なので、
普通に使用する分にはまったく問題ありません。
おそらくこの現象はどのインクを使用しても起こりうるのでしょう。

「色彩雫」には青系のインクが豊富にありますので、そちらも随時試していきたいと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です