ドクターヤンセン ストーングレー

既に梅雨入りしていますが、今年は雨が少ないようで。
じめじめしなくてよいのですが水不足が心配です。
気温も穏やかで過ごしやすく、お出かけしやすいのは嬉しいですけどね。

ドクターヤンセンのボトルインク「デ・アトラメンティス」シリーズより「ストーングレー」を、
最近新調したグラフフォンファーバーカステルの万年筆「クラシックコレクション」と合わせて絵を描いてみました。
こちらのインクは手作りなのだそうです。
ヤンセンのインクは以前パイロットのフォルカンと合わせて好調だったので、
今回も期待しながら使用してみました。

色味は暗めのグレー。青みが抑えられています。
若干茶色気味でしょうか。淡い色になるとそんな感じですが、ほとんど純粋なグレーです。
色の濃淡はあまり表れません。また、薄墨のようなグレーではありませんので、
文字を書くにも適していると思います。
描き心地はクラシックコレクションと合わせての感想となりますが、フローは標準的です。
手作りインクなので渋めかと思いきや、そんなことはありませんでした。
ただ、紙の上で乾燥するまで時間がかかるようです。その点だけ注意ですね。

ヤンセンのボトルインクは購入できるお店が限定されていて入手しづらいですが、
色数も豊富ですので、機会があればぜひ使用してみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です