モンテベルデ ブルーブラック

日常におけるイベントは最小限、人付き合いも最小限、消費や浪費も最小限にしていくにはどうしたらいいのでしょうか……
かなり前から、余生について常々考えています。
人生のうちにやりたいようなこともなくなり、あとは命尽きるまでの間、つつがなく質素に生きていくにはどうしたらよいか考えるのですが、
理想の生活イメージはできてもどうにも実現性に欠けるのです。
むーん。

モンテベルデのボトルインクよりブルーブラックを、このブログではおなじみパイロットの万年筆「カスタム743フォルカン」と合わせてみました。
濃い緑色のパッケージに反して、インクの色味は赤みのある濃紺です。
淡い色の部分でより赤みを感じることができます。
もともと濃い目の色ですが濃淡が割りとはっきりと表れ、暗い部分の沈み込むような紺色はとても美しいです。
ブルーブラックはのインクはいくつか使用してきましたが、最近は緑みのブルーをよく目にしてきたので新鮮でした。
粘度は標準~さらさらで、フローは標準的。描いている途中で線がかすれることはありませんでした。
ただし、紙面で完全に乾燥するまで時間がかかるようです。
下書きを消す際に乾ききっていないインクを擦ってしまった箇所がいくつもありました。
ブロッターは必要性を感じなくて持っていませんでしたが、このとき初めて欲しいと思いました……

インクの乾燥時間さえ確保できれば問題なく使用できます。
色味が気になる方はぜひ確保してみてはいかがでしょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です