カランダッシュ アイデリックブルー

イケメンのカワセミさんです。川辺で何かを狙っているのでしょうか。

鳥類を描くのは面白いですね。
羽の生え方や模様を観察し、ペンでどう表現するか考えるのが楽しいです。
本当にいろんな色や柄の鳥がいますしね。
今後も描いていきたいと思います。

カランダッシュのボトルインク「クロマティクス インクレディブル カラーズ」より「アイデリックブルー」を使用し、絵を描いてみました。
使用したペンはパイロットの特殊ペン先万年筆「カスタム743 フォルカン」です。

「アイデリック」とはどんな意味があるか調べてみると、「牧歌的な、素朴な」ということで、
派手さを抑えたシンプルなブルーを想像していました。
いざ描いてみるとそのとおりの色味で嬉しくなりました。
赤くも緑っぽくもない、普通のブルーです。
ロイヤルブルーのようなきらびやかさは無く、沈んだトーンの青です。
それゆえ、インクを多めに乗せると黒に近い暗さになります。
インクの粘度は標準的。フローも多くもなく少なくもなく、ちょうどいい感じ。
色の濃淡も比較的表れる方。正直なところ目立った特長はないように思います。
しかし、そこがこのインクの特徴というべきなのでしょうね。
細い線を描いていてもペン先で乾くことなく、かつ紙面上では速乾性が高いという優秀な一面もあります。

安心して使えるインクですが、値段が安心できません。1ボトル4,000円します。
このお値段だけは何とかならないものか……もっと気軽に使えるとさらに嬉しいのですがね~。
とはいえ、深みのある美しい色のインクですので、機会があれば試してみてはいかがでしょうか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です