クロス ブルー

ツバメさん。
近所に巣があり親鳥が頻繁に飛び交っていましたが、最近は見かけくなりました。
夏は巣立ちの時期ですので、ヒナたちは無事成長して巣立っていったのでしょうかね。

パイロットの万年筆「カスタム743フォルカン」に、クロスのボトルインク「ブルー」を合わせてみました。
現在旧タイプと新タイプが混在して発売されていますが、こちらは新タイプの紹介となります。
角ばった形状にイエローラインが映えるボトルで、所有欲を満たしてくれます。

色味は少し暗めのブルー。
書き出しはロイヤルブルーのような鮮やかな青ですが、10秒ほどで赤が抜けて彩度が落ち、画像のような青になります。色の変化が楽しめる貴重なインクですね。
粘度はサラサラしています。フローも潤沢なため、インク量による色の濃淡がつきやすく線にメリハリが出ます。
逆に、力を入れて描くとインクがドバっと出てくる感じなので、安定した線を描くにはコツが必要と思われます。
それでも今回使用しているファブリアーノクラシコの用紙では滲むことはなく、また細い線がかすれるようなこともない優秀なインクです。

巷ではこのシリーズのブルーブラックは手に入りづらいそうですが、いずれ入手してご紹介したいと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です