グラフフォンファーバーカステル ロイヤルブルー

ふさふさ毛玉の小鳥さんです。
思わず手に取ってみたくなるような柔らかい質感が表現できているでしょうか。

パイロットの万年筆「カスタム743フォルカン」に、グラフフォンファーバーカステルより「ロイヤルブルー」を合わせてみました。
ファーバーカステルは「ドキュメントプルーフ」と呼ばれる通常のインクと比べて耐水性の高いとされるインクが採用されていますが、
すべてのインクがそうではなく、こちらのインクはドキュメントプルーフでないか代わりに耐光性のあるインクとしてラインナップされています。
耐光性がどの程度なのかは実験していませんのでわかりませんが、退色しにくいインクということなのでしょう。
お値段は3,500円程度と値が張るのがネックでしょうか。

色味は青。ロイヤルブルーの名を冠していますが赤みがほとんどなく、少し濃い目のブルーという感じです。
彩度が低いため、濃い目の青ながらも落ち着いた色味に見えます。
粘度は少しさらっとしていて、インクフローは標準的。筆圧を高めにするとたっぷりとインクを紙面に滴らせることができます。
その意味では、安定した線を引くのに慣れが必要かもしれません。
色の濃淡はあまり見られません。色味の変化もありません。濃い青をひたすら楽しむことができます。
ロイヤルブルーにしてはちょっとお堅い印象のインクですが、目に優しい色味のため勉強や原稿用に使うのに向いているかもしれませんね。

なにやらグラフフォンファーバーカステルのインクに新色が3色登場するようですね。
伊東屋や丸善で先行販売されていました。ファーバーカステルのホームページにはすでにラインナップされています。
いずれ購入して試してみたいと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です