ウォーターマン テンダーパープル

残暑お見舞い申し上げます。
といっても、なんだか最近涼しい日が多いですよね。その代り暑い日はとことん猛烈に暑いと。
気温の寒暖の差が激しいとよく体調を崩すので気を付けなければ。

パイロットの特殊ペン先万年筆「カスタム743フォルカン」と、ウォーターマンのボトルインク「テンダーパープル」を合わせてみました。
色味は青寄りの紫。赤が控えめの紫といった感じです。
「テンダー」には「柔らかい」という意味があるようですが、そのイメージとは裏腹に目に飛び込んでくるような濃いパープルです。
彩度の高いくっきりとした色ですので、メリハリのあるパリッとした印象の絵になりました。半面ギラギラして目が若干疲れましたが……
粘度は割とさらっとしていて、フローも安定しています。
濃淡はほとんど表れません。色調の変化もありませんでした。
フォルカンとウォーターマンのインクは相性が良いのか、とても安定して描くことができます。

淡いインクに飽きたら使ってみると気分を変えられて良いかもしれません。
蛍光パープル(?)とでもいうべきこのインク、はっきりとした色味ですので、文章の強調したい部分に使うというのも手ですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です