プラチナ ブラック

フクロウさん。
意外と脚が大きいんですね。これだけ大きいと飛ぶとき重そうですね。

パイロットの万年筆「カスタム743フォルカン」とプラチナのボトルインク「ブラック」を合わせてみました。
いろんな色のインクがありますが、たまにふとブラックを使いたくなるんですよね。なんででしょうか。やっぱり基本の色だから安心するんですかね~

色味はもちろん黒。黒なんですがこのインクの黒は真っ黒というか、深い黒です。
他のメーカーの黒は赤みがかってたり緑っぽかったりするのですが、混じりっ気のない黒といいますか、純粋な黒に近いです。
書き味はぬるっとした感じ。インク自体はサラサラめです。
プラチナのインクはフローが比較的渋めのものが多いなか、このインクは潤沢でした。
フォルカン特有の極細の線もスルスルと描けます。筆圧を上げるとどんどんインクが流れてくる感じです。
プラチナはブルーブラックをいわゆる古典インクとして製造・発売していますが、こちらのブラックは普通の水性染料インクのようです。そのため同じメーカーでも筆記の特性が異なるのでしょうね。
今回使用してみて気に入ったインクです。

真っ黒のインクがほしい、だけど顔料インクはちょっと避けたい、というニーズにピッタリのインクだと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です