グラフフォンファーバーカステル バーントオレンジ

このブログではおなじみの万年筆「パイロット カスタム743 フォルカン」と、ファーバーカステル伯爵コレクションのボトルインク「バーントオレンジ」を合わせてみました。
最近追加となった新色です。某文房具店で先行販売されていたのを確保。3色発売され、そのうちの1色となります。他の2色も手に入りましたので、随時ご紹介したいと思います。

ファーバーカステルのホームページで確認する限り、このインクは「ドキュメントプルーフ」ではないようです。ドキュメントプルーフとは、通常の水性インクより耐水性が高いとされるインクのことで、保存性に優れているといわれるインクのことです。
その点ちょっと残念ですが、オレンジ系のインクは選択数が限られますので、貴重なインクといえます。

色味は少々濃い目のオレンジ。橙色です。赤と黄色の中間ではありますが、ちょっと色あせたような枯れた感じもする色です。
色味の大きな変化はありませんが、紙面にインクが乗って数秒で一段深みが増します。
紅茶のストレートティーのような上品なオレンジといえるでしょう。ファーバーカステルのインク全体的にいえることですが、ギラギラしない落ち着いた色味ですので安心して使用できます。
インクの粘度、フローともに標準的。絵的に細かい線が多いため、しばらく描いているとペン先が乾いてきました。これについても通常文字を書く分には問題ありません。
色の濃淡ははっきり表れます。インクの薄い部分と濃い部分で綺麗なグラデーションを楽しめます。

お値段が張りますのでお勧めがしにくいですが、暖色系のインクをお探しの方にはぜひ選択肢に入れていただきたいインクです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です