ウォーターマン アブソリュートブラウン

しばらく絵を描かないでいると腕がなまってしまいます。
スポーツではよく聞きますが、練習しないとすぐに腕が落ちるのは絵でも一緒のようです。感覚を取り戻すのにしばらくかかります。
疲れていて描きたくない時もありますが、なるべく間をあけずに描き続けるようにしよう……

パイロットの万年筆「カスタム743フォルカン」とウォーターマンのボトルインクより「アブソリュートブラウン」を合わせてみました。
「絶対的ブラウン」「完全な茶色」というネーミングがどこか強そうでおもしろいインクです。どんな色なのか楽しみにしていました。

色味は若干赤よりの茶色。ブラウン系としては黒々した感じがあまりなく、赤褐色よりの茶色です。細い線を描くとより赤に近くなります。彩度が高めでハキハキした感じのするブラウンです。
色の濃淡はほどほどに表れます。インクを重ねると濃くなりますが、黒にはならず茶色とわかる濃さです。
粘度は割とさらっとしていてフローも安定しています。シリーズ通じて扱いやすいインクですね。

ウォーターマンのインクは彩度の高低がそれぞれ多彩で楽しいです。あまり特徴がないといえばそのとおりなのですが、反面どんなペンにも合うということでもあります。
お値段もそれほど高くなく入手しやすいのでお勧めです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です