ペリカン エーデルシュタイン オニキス

前回の投稿からしばらく間が空きましたが、だいぶ寒くなりましたね。すっかり冬らしくなり、秋なんてあっという間に過ぎ去った、という感じです。

パイロットの万年筆「カスタム743フォルカン」とペリカンの万年筆インクシリーズ「エーデルシュタイン」より「オニキス」を合わせてみました。
黒系のインクも多種あります。使ってみるとわかりますが色味をはじめそれぞれ特徴が微妙に異なります。その差を言語で表すのは筆者のボキャブラリー不足で難儀ではありますが、がんばって綴っていきたいと思います。

色味は黒。見たところどの色にも寄らないモノトーンです。
艶っぽいというか、まろやかな感じでありながら沈むところはしっかり沈んでくれるブラックです。このシリーズのインクは彩度が高めなものが多く、このオニキスも黒系のインクでありながらその傾向が見受けられます。
インクフローが安定していて、水のようにサラサラなのもエーデルシュタイン共通の特徴。ペン先が紙面に当たるか当たらないかの非常に軽いタッチでもちゃんと極細の線となって表れる、伸びのよいインクです。

漆黒の天然石の名を冠するにふさわしい、美しい黒のインクです。黒系で迷ったら、とりあえずこのインクから使ってみてはいかがでしょうか。若干値が張りますがおすすめできます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です