カヴェコ サンライズオレンジ

今年も残すところあと2週間ほどとなりました。早いものです。
大掃除の準備をしないとな~

パイロットの万年筆「カスタム743フォルカン」。このブログではよく使っている特殊ペン先万年筆と、カヴェコのボトルインク「サンライズオレンジ」を合わせてみました。
「日の出のオレンジ」ということで、名称からして対となりそうなパイロットの「色彩雫 夕焼け」を連想しますが、はたしてその違いはどんなものかご紹介したいと思います。

色味は濃いオレンジ。黄色寄りのオレンジで、彩度が低めです。トロピカルな感じではなく暗めなので、薄い茶色にも見えます。
彩度高めのインクが多いカヴェコにしてはめずらしい色合いですね。また、明るい色合いが大半を占めるオレンジ系のインクの中では異端ともいえる存在でしょう。前述した夕焼けと比べても明らかにダークトーンです。
色の濃淡は大きく表れます。薄い部分はオレンジ、濃い部分は一段と暗い色になります。
インクフローは普通、粘度自体はややサラサラめで、特筆することがありませんが使いやすいインクです。描いていて不自由することはありませんでした。

朱書き用として使うよりはノートなどに普段使いできる色味です。オレンジのインクは使ってみたいけど明るすぎて使いどころがあまりないな、という方も、このインクでしたら大丈夫ではないでしょうか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です