ドクターヤンセン ルビーレッド

年をまたいでいっそう寒くなった気がしますね。部屋の暖房が利きづらくなって足先が寒い……
はやく暖かくなってくれないかな~

パイロットの特殊ペン先万年筆「カスタム743フォルカン」と、ドクターヤンセンの「デ・アトラメンティス」シリーズより「ルビーレッド」を合わせてみました。
既にこのブログでも幾度かご紹介しているように、ドクターヤンセンのインクは手作りです。手作りのインクは機械的に調合されるそれにはない特徴として、同じ製品でも色味が微妙に異なる場合がある、という話を耳にしました。
といっても筆者自身は実感したことはないですし調合の仕方も詳しくないので何とも言いがたいのですが、このドクターヤンセンのインクをよく利用する方に話を伺うと確かにあるのだそう。「えっこんな色だっけ?」と一目で判別できるぐらい、同色のインクでも違うことがあったのだそうです。
確かに手作業で色を調合するとなるとありえなくはないのでしょうが、筆者としては色の違いがはたして調合によるものなのか疑問に思います。インク自身が長い時間をかけて化学的変化を起こし変色する、いわゆる「劣化する」こともありますのでその可能性が高いのでは、と勘ぐってしまうのですがいかがでしょうか。
いずれにしても、そういう話もあるということを念頭にインクを選ぶべきなのでしょうね。

閑話休題。

このインクの色味は、ピンクを帯びた赤。濃い赤に若干の青を混ぜたような色です。画像のとおり目に残る印象的な赤で、宝石のルビーのような深いレッドといえるでしょう。
ギラギラするかと思いきや割と落ち着いていて、文字にしても赤を主張しつつしつこくない感じを出せます。逆に画像の絵にあるような極細の線はピンクっぽい色になりカジュアルな印象を受けます。
色味の変化はありません。また、このインクは濃淡がまったくといってよいほど表れません。太い線を引くとのっぺりとした重い印象になります。さらに、インクフローが若干潤沢なのがそれに輪をかけます。

ブルーブラックのレッド版として使えそうな色ですね。赤やピンクは用途が限られがちですが、こちらのインクは男女問わず幅広く活躍できそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です