セーラー 四季織 月夜の水面 夜桜

なんとなく新しい万年筆が欲しいです。
セーラーの細美研ぎなんて愛用しているフォルカンに通ずるものがあるので興味があるのですがどうなんでしょうか。うーむ、どこかのお店で試筆してみるかな……

パイロットの特殊ペン先万年筆「カスタム743フォルカン」に、セーラーのインク「夜桜」を合わせてみました。

「ジェントルインク 四季彩」シリーズとして展開していたインクをリニューアルし、新たなプロダクト「四季織(SHIKIORI)」のひとつとして位置づけられました。
従来の四季彩のインクは「十六夜の夢(IZAYOI-NO-YUME)」シリーズとなり、新たに4色が「月夜の水面(TSUKUYO-NO-MINAMO)」シリーズとして同色の万年筆達ととともに追加されました。これでかなり多彩になりましたね。
それに伴いパッケージも総リニューアル。インクは従来よりも小型の容器となり、より収集欲をそそられるものとなりました。パイロットの「色彩雫 ミニ」シリーズに似た形状をしています。
十六夜の夢のインクの色味に関しては従来と同じだそうです。細かい点として「藤娘」は「藤姿」に名称を変更しています。

今回から新たに追加された4色の紹介をしていきます。まずは「夜桜」から。

色味は彩度が極端に低い赤紫。灰色に少しだけ紫を足したような独特の色をしています。紫系ですが青味が抑えられていて、特に細い線は薄いピンクのようにも見えます。
紙に乗せてからの色味の変化は特になく、濃淡も程々という感じ。また、インクを重ねると小豆色に近くなります。
粘度は標準的。フローはセーラーのインクの中ではわずかに多めでしょうか。極細の線も難なく描けました。

筆者はこのインクが発売されてから数日後に購入するため店頭に向かいましたが、予想していたとおりこの夜桜だけ売り切れているお店が多数でした。今までにないめずらしい色ですし桜をイメージする筆記具は人気ですから納得です。

ひとつ残念なのは、インクの容量が従来の半分以下に減量しているのにお値段が据え置きなこと。とっかえひっかえしやすくて手に取りやすい便利な容量なのに実質値上げはもったいない気がしています。せめて600円程度に抑えられなかったのか・・・・・・

淡い色でとても柔らかく、かつ慎ましい印象です。夜桜の妖艶な雰囲気を見事に表していると思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です