セーラー 四季織 月夜の水面 夜焚

関東は今日の昼頃から雪が降るそうで……週明けから積雪だと通勤通学が億劫で仕方ありませんね。
寒さに負けずに過ごしましょう。

パイロットの万年筆「カスタム743フォルカン」とセーラーのプロダクト「四季織」より「夜焚」をチョイスし合わせてみました。
日本の四季にちなんだセーラーの人気ボトルインク「ジェントルインク 四季彩」がリニューアル。新プロダクト「四季織」設立と同時にラインナップされた新色のひとつです。

色味は濃い赤。しなやかな美しい紅色です。
夜の闇を照らす火をイメージしているであろうこのインクは赤系のインクにしてはダークトーンで、キュッと締まった印象のレッドです。黄味はなく、かつ紫っぽい青さもない原色に近い赤です。はっきりとした濃い色でありながら目がチカチカしません。
書き出しはより原色に近い色で、そこから一分程度で一段暗くなります。
仕上がりの色はファーバーカステルの「ガーネットレッド」と似ています。どちらも落ち着いた赤色です。
色の濃淡はほどほど。色を重ねると黒っぽくなるかと思いきや、わずかに濃くなるもののあまり変化はありませんでした。
インクの粘度、フローともに標準的。セーラーのインクはフォルカン独特の極細の線を引くとかすれたような感じになることが多いのですが、最近はその現象にも慣れてきて、むしろ万年筆絵画の技法のひとつとして使用してしまっています。もちろん、普通に文字を筆記する分には何も問題はありません。

暗すぎず派手すぎない扱いやすい色味だと思います。赤系のインクを常用使いとしてお探しの方はぜひ選択肢のひとつとして考慮してみてはいかがでしょうか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です