エルバン トラディショナルインク テンダーローズ

先日、都内某所に壊れた古い万年筆の修理をお願いしました。修理する様子を間近で見ることができて、大変勉強になりました。古くても立派に蘇った万年筆は書き心地も素晴らしく、また新たなオーナーのもとへ旅立っていく予定です。
何ともロマンがあってよいものだな~としみじみ。

パイロットの特殊ペン先「フォルカン」を組み込んだ木軸のオリジナル万年筆「アガツマ」と、エルバンのボトルインクシリーズ「トラディショナルインク」より「テンダーローズ」を合わせてみました。
原題は「思いやりのバラ」となるのでしょうか。
このインクはボトルに入っている状態でも黒味が無く透き通っています。

「テンダー」と聞くとどうしてもウォーターマンの「テンダーパープル」の色味が頭に浮かび、少々ビビリ気味に使ってみたのですが余計な心配でした。

色味はピンク。ほんの少し青を感じる桃色です。優しく控えめ、かといってペールトーンとは違う、程よい彩度と発色の良さです。万年筆のインクだとピンクは濃いめか薄めか、という感じがしていましたが、このインクはちょうど中間にあたります。
特筆すべきは、インクを多めに乗せるとやや紫がかること。色の濃淡は通常黒っぽくなったり白くなったりと明度が変化しますが、このインクは色相が変化しているようなグラデーションを見せます。ピンクからほんの少しだけパープルにかかかるような色の移ろいが楽しめる面白いインクです。といっても、紙との相性によるものかもしれませんので注意ですね。
インク自体はトラディショナルインク共通のさらさらめ。フローも多めで安定します。わずかににじむものの、シリーズのなかでは目立たないほうです。

同じエルバンの「ラルム・ド・カシス」が「哀」のピンクで、このテンダーローズが「愛」のピンク。たかがインク、さりとて何ともドラマチックではありませんか。
可愛らしく優しい色味なので、明るい内容の手紙や一筆箋などにピッタリですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です