TAG STATIONERY 京の音 青鈍

ついこの間、「過ごしやすい時季になりましたねー」なんてブログ記事にした記憶があるのですが、なんだかもう長袖では暑いくらいの日々が続いていますね。関東は湿度が高めでムシムシとしています。このまま梅雨に突入なのでしょうか……

セーラーの万年筆「プロフィット21」の特殊ペン先「細美研ぎ」と、京都が拠点の文具店TAGのオリジナルブランド「TAG STATIONERY」のボトルインク「京の音」シリーズから「青鈍(AONIBI)」をチョイス、合わせてみました。

青鈍とは、その名のごとく鈍く沈んだ青で、平安時代ではいわゆる凶事にのみ用いられた忌色(いみじき、いみいろ)のひとつなのだそう。お葬式に使われる色、装束でいうところの喪服の色というわけです。
色の規定が厳しいこの時代の色使いには諸説あるようですが、「鈍色(にびいろ、にぶいろ)」(=グレー)が忌色の基本とされ、若干青がかった青鈍は鈍色より軽めの色とされていたそうです。つまり法事や喪中の期間に使われた色、ということでしょうか。今日の日本では使われなくなった色ですね。

さて、インクの色味はというと、濃いブルーグレー。彩度が低めの藍色です。赤みが弱めで、緑みもそこそこ。暗く、それでいて薄くモヤがかかったような冷たい色です。落ちついたフォーマルな雰囲気なので、現代ではスーツに使ったらカッコよさそうなクールな色味です。
色の濃淡は割とよく表れます。インクを重ねると青が強く、反対に淡い部分は灰色のように見えます。遠方に見える分厚い雨雲をイメージしていただくとわかりやすいかもしれません。
インクそれ自体はさらっとしています。フローは標準的。細美研ぎの極細のペン先でもインクが切れることなく描ききれました。にじみもなし。

ブルーブラックとして使うには黒味が不足していますが、同等の無難な色として重宝されそうです。渋い藍色のインクをお探しの方もドンピシャかと思います。
TAG STATIONERYのインクは通販もされていますので、ぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です