グラフフォンファーバーカステル ガルフブルー

引っ越し、無事完了。
新しい土地で、まったり生活できるといいな~

パイロットの軟筆調特殊ペン先「フォルカン」を組み込んだオリジナル木軸万年筆「アガツマ」と、ファーバーカステル伯爵シリーズのボトルインクより「ガルフブルー」を合わせてみました。
このインクは今年(2018年)夏に発売される新色の一つで、一部店舗で先行発売されていたものをゲットしました。近年怒涛の新色追加に、お財布が悲鳴をあげている所存。

「ガルフ」とは何か、手元の辞書で調べてみると、大きめの湾のことを呼ぶそうです。それに該当するものは日本には存在せず、通常単にガルフ(the Gulf)というとペルシア湾のことを指すらしいです。知らなかった……
ということは、色としては海のように澄んだ深いブルーを想像しますね。

で、実際の色味は濃い水色。青よりのスカイブルーです。赤よりでも緑よりでもない、原色の青に近い色をしています。彩度は高めですが文字を書くと濃く深くなりますので、あまり気になりません。パイロットの「色彩雫 天色」をわずかに濃くしたような色味です。
色の濃淡はよく表れます。インクを重ねるとかなり濃い色になる懐の深さが、ガルフブルーの所以なのでしょうか。空の色というよりは海の色。深い色味が楽しめます。
インク自体の粘度は標準的で、フローも特段多いわけではありません。特長のなさが特徴。それが一番いいのかもしれません。フロー自体は安定していて安心して使用できます。

青と水色の中間のような色味で、朱書きの代わりに使ってみるのもいいかもしれません。お値段が結構しますので手が出にくいですが、取りまわしがしやすいですので一本用意しておきたいインクです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です