エルバン トラディショナルインク イナゴマメレッド

新しい万年筆を購入。なかなか珍しい材質の筆なので、いずれご紹介したいと思っています。

セーラーの特殊ペン先万年筆「プロフィット21 細美研ぎ」と、フランスの老舗メーカー、エルバンのトラディショナルインクシリーズより「イナゴマメレッド」を合わせてみました。
赤系のインクが充実しているトラディショナルインクでは、それぞれ異なるニュアンスのレッドを楽しませてくれます。

日本ではあまり耳にしない名の「イナゴマメ」は、地中海沿岸原産のその名の通りマメ科の植物。果肉に糖分が多く、サトウキビが利用される以前は、このイナゴマメから砂糖を精製されていたのだそう。またの名を「キャロブ(carob)」。特徴として比較的均一な大きさの種子を作ることから、宝石の重さ「カラット」の語源になったのだとか。英名で「Locust bean」といい、その訳がそのまま和名「イナゴマメ」となった模様。イナゴのような形をしているから、ということのようですが、筆者はイマイチ、ピンときません。

このインクのラベルにあるのはイナゴマメの葉だと思うのですが、鮮やかな赤色をしています。もしかして紅葉するのかな? とネット検索するも特段の情報は見当たらず。うーん。
種子自体は黒っぽいし、花は白だし、どうしてもラベルのような赤には結びつきません。どういうことなのでしょう?

そんなこのインクの色味は、ラベルの通り、鮮やかな赤色です。一見原色に近いのですが、よく見ると何となく青みを帯びているような、若干クセのある紅色というべき色味をしています。似た色に「オペラレッド」がありますが、比較してみるとこちらのほうが赤みが強いです。
色の濃淡はほとんど表れず、のっぺりとしています。インクを重ねてもあまり濃くはならずに、あくまでレッドを誇示し続けます。それでも、そこまで彩度が高くなくて派手さを抑えているところがニクいです。
インク自体はサラサラしていて、インクフローもやや多めで安定。どんな筆にも合いそうな、良い意味で特長のないインクといえるでしょう。にじみもほぼありませんでした。

色のインスパイア元が釈然としませんが、落ちついた赤系のインクとして重宝しそうです。
これで、トラディショナルインクの赤系のインクはすべて網羅しました。同じレッドでもここまで細分化したラインナップはエルバンだけではないでしょうか。なにかこだわりのようなものが感じられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です