細美研ぎ エルバン イナゴマメレッド

エルバン トラディショナルインク イナゴマメレッド

新しい万年筆を購入。なかなか珍しい材質の筆なので、いずれご紹介したいと思っています。 セーラーの特殊ペン先万年筆「プロフィット21 細美研ぎ」と、フランスの老舗メーカー、エルバンのトラディショナルインクシリーズより「イナゴマメレッド」を合わせてみました。 赤系のインクが充実しているトラディショナルインクでは、それぞれ異なるニュアンスのレッドを楽しませてくれます。 日本ではあまり耳にしない名の「イナゴマメ」は、地中海沿岸原産のその名の通りマメ科の植物。果肉に糖分が多く、サトウキビが利用される以前は、このイナゴマメから砂糖を精製されていたのだそう。またの名を「キャロブ(carob)」。特徴として比較的均一な大きさの種子を作ることから、宝石の重さ「カラット」の語源になったのだとか。英名で「Locust bean」といい、その訳がそのまま和名「イナゴマメ」となった模様。イナゴのような形をしているから、ということのようですが、筆者はイマイチ、ピンときません。 このインクのラベルにあるのはイナゴマメの葉だと思うのですが、鮮やかな赤色をしています。もしかして紅葉するのかな? とネット検索するも特段の情報は見当たらず。うーん。 種子自体は黒っぽいし、花は白だし、どうしてもラベルのような赤には結びつきません。どういうことなのでしょう? そんなこのインクの色味は、ラベルの通り、鮮やかな赤色です。一見原色に近いのですが、よく見ると何となく青みを帯びているような、若干クセのある紅色というべき色味をしています。似た色に「オペラレッド」がありますが、比較してみるとこちらのほうが赤みが強いです。 色の濃淡はほとんど表れず、のっぺりとしています。インクを重ねてもあまり濃くはならずに、あくまでレッドを誇示し続けます。それでも、そこまで彩度が高くなくて派手さを抑えているところがニクいです。 インク自体はサラサラしていて、インクフローもやや多めで安定。どんな筆にも合いそうな、良い意味で特長のないインクといえるでしょう。にじみもほぼありませんでした。 色のインスパイア元が釈然としませんが、落ちついた赤系のインクとして重宝しそうです。 これで、トラディショナルインクの赤系のインクはすべて網羅しました。同じレッドでもここまで細分化したラインナップはエルバンだけではないでしょうか。なにかこだわりのようなものが感じられます。
... (続きを読む)

細美研ぎ セーラー 若鶯

セーラー 四季織 十六夜の夢 若鶯

暑いですね~。一日中クーラーがないと生活できませんね…… 昼間の外出はなるべく避けて、朝夕の涼しい時間にすることにしましょう。 セーラーの特殊ペン先万年筆「プロフィット21 細美研ぎ」と、同メーカーのインクシリーズ「四季織 十六夜の夢」より「若鶯」を選び、合わせてみました。 もともと限定色として発売されたインクのひとつで、後に定番化したと記憶しています。人気の色でなかなか手に入りにくかったのを覚えています。 さて、この「若鶯(WAKAUGUISU)」という単語、辞書で引いてもネットで検索しても語源がわかりません。「鶯色」という色は古色として日本にありますが、「暗い灰黄緑色(大辞林より)」とあり、今回の色味と比較すると暗すぎますので別の色であると考えられます。 おそらく、インクの色味に合わせた造語なのではないかと思われます。「若草色」と「鶯色」のちょうど中間のような色。あるいは明るめの鶯色を体現しやすいように、フレッシュなイメージを持つ「若い」という単語を修飾したのかもしれません。ちなみに、同シリーズの「利休茶」が鶯色に近い色味をしています。 このインクの色味は、前述のとおり明るい鶯色。枯れた感じのする黄緑色です。鶯色よりも緑みがあり、かつ明るすぎない絶妙な明度で、視認性も申し分ありません。「抹茶色」や「モスグリーン」に類する色です。パイロットの「色彩雫 竹林」と比較すると、明度の違いが明確となります。TAG STATIONERYの「京の音 苔色」とよく似ていますが、こちらのほうが若干彩度が高めです。 色の濃淡は程よく表れます。インクを重ねると暗くなりますが黒っぽくはならず、それこそ苔が生えたようになります。 インク自体の粘度は、割とさらっとしています。ペン先への供給量は多くはありませんので、その点を期待しなければ細美研ぎのようなフローが絞られた筆でもまったく差し支えなく使用できます。ファブリアーノ クラシコのにじみやすい紙でもほとんどにじまずに描けました。 目に優しいグリーンで使いやすいのが人気の秘密でしょうか。手紙を書くにしても親しみやすく、程よいグラデーションでくどくならないのがよいですね。一本持っていると使用頻度が高くなりそうなインクです。
... (続きを読む)

細美研ぎ ファーバーカステル インディアレッド

グラフフォンファーバーカステル インディアレッド

私事ですが、引っ越しが迫っております。ちょっとやってみたいことがあって、そのための引っ越しです。 引っ越しの荷造りは正直、めんどくさいのですが仕方ありません。荷物が多いんだよな……これを機にちょっとだけでも断捨離しますかね…… 超極細の線が引けるセーラーの特殊ペン先万年筆「プロフィット21 細美研ぎ」と、ファーバーカステルの高級ライン、伯爵シリーズのボトルインクより「インディアレッド」をチョイスし、合わせてみました。 たまたま立ち寄った銀座伊東屋で先行発売されていたところを購入。早速試してみることにしました。 このインクの色名称インディアレッドは、おそらく「インディアンレッド(Indian red)」から着想を得てつけられたものと思われます。インディアンレッドは、古くから赤色の着色料として用いられ、インドのベンガル地方から産出される酸化鉄が多く含まれる粘土から生成されることから、「ベンガラ」「弁柄色」とも呼ばれる、黄味を帯びた濃いめのレッドです。 そんなインディアレッドの色味は、赤。原色のレッドです。弁柄色のように少々濃いめの色をしています。しかし、黄味はあまり感じず、かといって青味も少ない純粋な赤色をしています。同じ赤系統の「ガーネットレッド」と比較すると明るく快活な色ではありますが、程よい深さと彩度を兼ね備えた、伯爵シリーズのインクらしい落ち着いた印象があります。 色の濃淡はほとんど表れません。深めのレッドを淡々と紙に残していきます。インクを重ねると一回り濃くはなりますが、赤色を認識できる程度にとどまります。ピンク色っぽさが一切出ないので、フォーマルなイメージもあります。 インク自体の粘度は標準的で、フローも特段多くはありません。されども、シリーズのほかのインクと同様、フロー自体は安定していて癖がなく描きやすいのが良いですね。繊細な細美研ぎでもトラブル皆無で、安心するインクです。にじむこともありませんでした。 新色である3色すべて手に入れることができたので、このブログで随時ご紹介していきます。 グラフフォンファーバーカステルはここ近年インクの新色投入が続いていて、バリエーションがかなり増えました。新色3色を含めて2018年7月時点で全18色となります。インクブームの波に乗って、はたしてどこまで進むのでしょう…… 美しいくて優秀なインクを、これからも開発し続けて欲しいですね。... (続きを読む)

細美研ぎ TAG 京の音 小豆色

TAG STATIONERY 京の音 小豆色

最近暑いな~なんて思ってたら、関東は早々に梅雨明け。振り返ってみれば、雨はほとんど降っていない気が……聞いたところによると、北海道は連日雨らしいですね。 まぁ、こんな年もある、ということで。 セーラーの特殊ペン先「細美研ぎ」を搭載した21金万年筆「プロフィット21」と、京都を中心に展開されている文房具店TAG(株式会社タケダ事務機)のオリジナルブランド「TAG STATIONERY」のボトルインクシリーズ「京の音」より、「小豆色(AZUKIIRO)」を合わせてみました。 もともとは2017年に特別生産品として400本限定で発売されて即完売した2色「小豆色」と「秘色(HISOKU)」が、2018年5月にシリーズ定番色となって復活されました。もう手に入らないのかな、と諦めていたので、これは嬉しい限りです。これで、京の音シリーズ定番色は全7色となりました。 再販開始当日に早速購入、使用してみることにしました。まずはこの「小豆色」から。 京都草木染研究所との共同研究から生まれたというこのインクシリーズは、平安時代から親しまれてきた日本の色「和色」を、万年筆に使用できるインクに再現した、独自調合のボトルインクです。 雅なイメージのある平安は、色の使い方に今では考えられないほど厳格だった時代でもあり、ある意味で現代よりも、色に対して日常により深く関わっていたともいえます。そんな時代を感じる色がインクとして蘇り、こうして誰でも自由に扱えるようになったのは、幸せなことなのかもせれませんね。 そんな感傷に浸っているところ水を差すようですが、小豆色という色名称自体は江戸時代から使われはじめたようです。しかし、色自体は古くから着物の染色に使用されており、祈祷の色として主にお祝い事の際に用いられたのだとか。 さて、色味の説明は不要な感じもしますが、あえて挙げるなら濃い赤紫。紫がかった茶色です。画像の通り、大抵の方が思い浮かべるような小豆の色をしているのではないでしょうか。赤黒い感じではなく、少々青みを感じる色です。また、彩度が抑えられていて、程よくマイルドで落ち着いた印象を与えます。 色の濃淡は控えめに表れます。基本的には濃いトーンで視認性がよく、実物の小豆にあるような灰色がかった色味も淡い部分で再現されています。インクを重ねるとかなり濃くなりますが、黒っぽい中にもほんのりと赤みを感じとれる色合いとなっています。 インク自体の粘度はさらっとしていますが、シリーズの他のインクと同様に、表面張力が強めに働く印象があります。しかし、ペン先を下に向けても筆内部のインクがペン先まで降りてこない現象、いわゆる「棚吊り」は一切起きていません。インクフローは少々渋めですが、フロー自体は安定していてインク切れを起こすことなく使用できました。にじみもまったくありません。 インクの雫が紙をまさに「染める」ような感覚のこの「京の音」シリーズ。伝統の京都にふさわしいインクですよね。ご当地インクですが、通販もされていますので入手しやすいのも嬉しい点です。 ほかの和色の発売もあるのか……今後の展開に注目です。... (続きを読む)